貸切バスが皆様のくつろぎの旅を演出します



バス予約ドットコム(bus-yoyaku.com)

安全をモットーに、快適な貸切バスの旅をサポート。大・中・小型から目的に合わせて車両をお選びいただけます。

私たち東日本交通は岩手県を起点とし創業以来「無事故・無違反」を信念として地域に密着したバス会社として交通をサポートしています。
ひとりひとりがプロとしての自覚と誇りをいつも胸に快適な貸切バスの旅をお手伝いします。また、プランに合わせて自由にお選びいただけるよう大・中・小型それぞれのバスを取り揃えています。
個人から団体のお客様まで、ぜひお気軽にご相談ください。ご用命をお待ち申し上げております。

お問合せ(本社)|TEL : 019-663-6610

バスのご予約・お見積りはこちら

お知らせ

  • 10月14日 花巻空港シャトルバス(北上行)運行のお知らせ
    弊社シャトルバス運行(北上駅東口⇔花巻空港)を12月31日までの期間はFDA便に合わせて運行させていただきます。
    詳細につきましてはメニューの花巻空港シャトルバスページにてご確認ください。
    花巻空港発着便の航空ダイヤにつきましては下記「岩手県空港ターミナルビル航空ダイヤ」よりご確認ください。
    岩手県空港ターミナルビル航空ダイヤ

    花巻空港シャトルバス実証運行開始のご案内

  • 9月12日 岩手県観光バス支援補助金のお知らせ
    バス定員2分の1以下のソーシャルディスタンス条件に対して貸切バス運賃の半額(1日上限5万円)割引実施中です。
    詳細につきましてはお電話・問合せフォームからご確認ください。
  • 9月1日 GOTOトラベル参加のお知らせ
    Gotoトラベル対象事業者に登録となり、手配旅行での割引適用が可能となりました。地域共通クーポンは紙クーポンのみの取扱いとなり電子クーポンは発行しておりません。
    詳細につきましてはお電話・問合せフォームからご確認ください。

  • 新型コロナウイルス関連につきまして
    いつも東日本交通をご利用いただき、誠にありがとうございます。
    現在新型コロナウイルス感染が報告されておりますが、 お客様にバスを安心してご利用いただけるよう、下記の感染予防処置を行っております。
    ●抗菌・抗ウィルスコーティング施工
    車内にプラチナ、銀、光触媒を組み合わせた「デルフィーノ」をコーティングしております。
    感染経路で重要な座席シート・手すり等の車内設備からの接触感染、空気感染を予防します。
    ●消毒液の設置
    乗降口へアルコール消毒液を設置し、お客様をはじめ乗務員も含めて感染予防としてご利用いただいております。
    ●バス車内の消毒
    弊社では一運行ごとにシート・手すり・ドアノブ等お客様の手の触れる部分に対して、 希釈した次亜塩素酸ナトリウム清拭消毒を実施しております。
    ●マスク着用
    実車運行時には乗務員はマスクを着用しております。
    お客様におかれましてもバス車内マスク着用のお願いをさせていただいております。
    お持ちでない方には乗務員よりマスクを配布しご対応いただいております。
    ●手洗い・うがいの徹底
    乗務員は業務開始前はもとより業務中も適宜手洗い・うがいを徹底いたしております。
    ●指導と管理
    乗務員は出勤時に健康状態の確認と検温を実施し、 健康上支障のおそれのある乗務員に対しては出勤の見合わせを実施しております。 新型コロナウィルスに限らず、風邪、インフルエンザ等の感染予防の為に、お客様におかれましても、 手洗い・うがい・手指消毒、並びに車内でのマスク着用・咳エチケット等のご協力をお願いいたします。
    今後もお客様に安心してご利用いただけるよう対策を講じてまいります。
  • キャッシュレス決済開始のお知らせ
    貸切バス支払い方法に新しくPayPayが加わりました。
    各営業所にて対応可能ですのでご利用ください。
  • セーフティーバス情報
    安全性評価認定制度にて3つ星3回目の申請中です。
    結果発表は12月中旬予定となっております。 法令遵守・安全運転で運行してまいります。
  • 「除菌バス」、空間除菌バス
    バスの車内に次亜塩素酸水を噴霧することで消臭するとともに、空間除菌ができる超音波霧化器搭載車両を保有しております。
    インフルエンザウィルスだけでなく結核菌にも効果が実証されており、さらに拭き取るだけでは不十分なノロウィルスに関しても空間除菌することで二次感染を防止いたします。
    また、花粉にも対応しております。
  • 全営業所(貸切)車両にデジタコ、ドラレコ搭載完了
    万一の事故などに備えて、車内・外をカメラにて映像録画、運転状況の記録が可能となり、ドライバー指導も強化出来ており安全性の向上に繋がっております。